Service Car Renting

旅を低価格で楽しむなら|夜行バスを利用しちゃおう

身体の負担を減らす

快適さはシートで決まる

乗り物

福岡発着の夜行バスはいくつかあります。長いもので東京と福岡を結ぶ便があり、それより短いですが名古屋や大阪を結ぶ便もあります。夜行バスは夜の時間を利用して移動できるため、時間が有効活用できる移動方法です。料金も安いので、お金のない若者によく使われています。ただ、座席で長い時間を過ごすことになるので、長距離になればなるほど乗客の負担は増します。そのため、最近の夜行バスは快適性を考慮してあるものが多くなってきています。福岡までの夜行バスは長距離で乗っている時間が長いので、格安のものよりも比較的きちんとした設備のものが多いです。とはいえ、福岡発着で格安の夜行バスもあります。最も安いものでは8000円ほどで乗れるものがあります。このタイプは、シートに特にゆとりはなく、トイレなどもついていないので、体力に自信がありとにかく安く移動したいという若者向けでしょう。比較的ゆったりしたタイプは、本来四列のシートがおけるところを三列シートにしてあったり、トイレのほかに洗面台があったり、リクライニングがしっかりしていたり、フットレストがあったりします。こういったタイプならば比較的ゆっくりできるので、体の負担も軽めになります。料金は10000円から20000円ほどで乗車でき、格安のものよりは高くなりますがそこまで高くもありません。さらに高いものでは、個室になるシートがあったり、シートが暖房付きだったり、テレビやコンセントがあったりします。快適性はほかの比ではないですが、料金もその分高くなります。

ホテル代わりとしても利用できる

帽子と鞄

国内を旅行するのに交通機関はたくさんありますが、最近人気が上昇中なのが夜行バスを利用した移動です。遠隔地に移動するのにまず思い浮かぶのが飛行機です。今ではLCCと呼ばれる格安航空会社が増えて、路線も増えつつあるのでこちらも人気が高いですが、夜行バスにもメリットが多くあります。福岡からなら東は東京、九州内でも鹿児島行きと全国各地へ行くのに利用できます。福岡市内での乗り場も博多駅直結の博多バスターミナルのほか、西鉄福岡駅の天神バスターミナルなど利用しやすいターミナルで選ぶこともできます。夜行バスの最大のメリットは、バスの中で寝ながら移動できるため、到着後に利用する時間が多いということがあります。また飛行機や新幹線と比べて割安なのも魅力の一つとなっています。初めて夜行バスを利用する方は、眠ることができるかどうかとか、バスの中は快適なのかといった不安があると思います。福岡発の長距離を移動するバスにはたいていトイレがついていますし、眠ることや休むことを前提に設計された座席を利用できるので、思ったほど快適に過ごすことができます。またプライバシーに配慮して、各座席がカーテンなどで仕切ってあるので隣の人に気を使う必要もありません。最近の夜行バスは進化しているので、利用したい路線を調べてバスを検索してみると、思いのほか豪華なバスであることもあります。これからの移動シーズンを迎えるにあたって、夜行バスの利用を考えてみてはいかがですか。

どのような仕組みか把握する

バス

夜行バスは目的地まで安く行きたい学生や、夜を有効活用したいビジネスマン、そして電車があまり走ってないようなエリアの場合などに特に人気となっています。福岡では高速バスが日中様々な方面にバスターミナルから出発して走っていますが、夜行バスは夜に出発して朝着く形でバスを走らせます。数時間でつく場所でも夜行バスであれば時間をかけて走る特徴がありますが、新幹線や飛行機でも数時間かかる東京までもが夜行バスを走らせています。乗っている人にとっては日中福岡で観光や仕事をして夜は通常寝るところを夜行バスに乗り寝ている間に目的地に着くものでメリットは多分にあります。さらに大きな特徴としては費用が非常に安く、新幹線の半分以下である場合もあります。こういった意味で学生等には非常に人気となっています。福岡から東京以外に大阪方面等もバスが出ていますが、長距離であれば乗っている方もきつくなりますので、夜行バスはゆったり出来るような個室状態を演出できるバスも増えてきています。日中のバスであれば5列シートが一般的ですが、夜行バスは3列シートであったり、カーテンが完備している等からゆったり過ごせる空間づくりをしています。なお夜行バスは新幹線などと違い、1日で何十便も走っていません。よって週末や1年を通してイベントが多い時などは予約を取る場合にはだいぶ前から便を指定して予約をする必要があります。福岡からは多くの便が出ていますので、事前に座席や出発便等は確認しておく事が大切です。